園子温監督

「冷たい熱帯魚」の監督園 子温(その しおん、1961年12月18日 - )は日本の映画監督、脚本家、詩人、パフォーマー。男性。愛知県豊川市出身。愛知県立豊橋東高等学校卒。法政大学文学部中退。自主映画出身の映画監督である。鈍牛倶楽部所属。

17歳で詩人として、「現代詩手帖」、「ユリイカ」等に投稿し、「ジーパンを履いた朔太郎」と評される。

1987年、『男の花道』でぴあフィルムフェスティバルグランプリを受賞。PFFスカラシップとして制作された『自転車吐息』がベルリン国際映画祭で正式招待作品となるなど、90年代にはインディーズ系映画界を席巻。荒木経惟、麿赤児、吉本ばなな、横尾忠則、荒川眞一郎など多数の著名人が園の作品を絶賛した。1999年、文化庁新進芸術家在外研修員としてアメリカに留学。

また、90年代前半には、路上パフォーマンス集団「東京ガガガSP」を主宰した。私生活ではごく普通の学生や社会人などである「東京ガガガSP」のメンバー達がアナーキーなパフォーマンスをする姿を、園自身は著作で「ファイト・クラブ」のようだったと評している。

2001年以降はメジャー映画会社とも手を結び、代表作には『愛のむきだし』や『冷たい熱帯魚』がある。近年ではテレビ朝日系列の金曜ナイトドラマ『時効警察』4、6話に脚本・演出で参加、続く『帰ってきた時効警察』3、6話にも脚本・演出で参加している。

役者への演技指導が厳しく、作品の為には納得のいく演技が出るまでOKを出さず、罵声を浴びせることもあるが、役者によってはほとんど演技指導がないこともある。自然に出てきたアドリブなどは全然問題ないと話す。

2011年10月23日、監督した映画「冷たい熱帯魚」「恋の罪」に出演した神楽坂恵と婚約した旨を報じられた。

サスペンス映画特集

作品

監督作品

  • 『俺は園子温だ!』(1985年)ぴあフィルムフェスティバル入選
  • 『男の花道』(1987年)ぴあフィルムフェスティバルグランプリ受賞
  • 『自転車吐息』(1990年)ぴあフィルムフェスティバルスカラシップ作品、ベルリン映画祭正式招待作品
  • 『部屋 THE ROOM』(1994年)サンダンス映画祭審査員特別賞受賞
  • 『BAD FILM』(1995年 ※完成・公開は2012年)
  • 『桂子ですけど』(1997年)
  • 『男痕 -THE MAN-』(1998年)
  • 『0cm4』(1999年)
  • 『うつしみ』(1999年)
  • 『性戯の達人 女体壺さぐり』(2000年)
  • 『自殺サークル』(2001年)新宿武蔵野館における過去最高の観客動員数を記録
  • 『ノーパンツ・ガールズ 大人になったら』(2004年)
  • 『夢の中へ』(2005年)
  • 『Strange Circus 奇妙なサーカス』(2005年)、第56回ベルリン国際映画祭フォー ラム部門にて観客の人気投票によって選ばれる「ベルリン新聞・読者審査賞」 (The "Berliner Zeitung" Reader's Jury Award) を受賞。カナダのモントリオールで開催されたファンタジア映画祭‘06でも作品賞と主演女優賞(宮崎ますみ)が受賞。
  • 『紀子の食卓』(2006年)第40回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭 特別表彰&国際シネマクラブ連盟ドンキホーテ賞
  • 『気球クラブ、その後』(2006年)
  • 『ハザード』(2006年)
  • 『エクステ』(2007年)
  • 『愛のむきだし』(2008年) ベルリン国際映画祭で、「国際批評家連盟賞」「カリガリ賞」を受賞
  • 『ちゃんと伝える』(2009年)
  • 『冷たい熱帯魚』(2011年)
  • 『恋の罪』(2011年)
  • 『ヒミズ』(2012年)
  • 『希望の国』(2012年)
  • 地獄でなぜ悪い Why don’t you play in hell(2013年3月公開予定)

受賞歴

俺は園子温だ!

  • ぴあフィルムフェスティバル入選

男の花道

  • ぴあフィルムフェスティバルグランプリ

自転車吐息

  • ぴあフィルムフェスティバルスカラシップ作品
  • 第41回ベルリン映画祭フォーラム部門正式出品

部屋 THE ROOM

  • サンダンス映画祭 in Tokyo 審査員特別賞

自殺サークル

  • 第7回ファンタジア国際映画祭(カナダ) 画期的映画部門観客賞・画期的映画賞審査員賞

StrangeCircus奇妙なサーカス

  • 第56回ベルリン国際映画祭フォーラム部門 ベルリン新聞・読者審査員賞
  • 第10回ファンタジア国際映画祭(カナダ) グランプリ・最優秀主演女優賞(宮崎ますみ)

紀子の食卓

  • 第40回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭 特別賞・ドン・キホーテ賞
  • 第10回プチョン国際ファンタスティック映画祭 観客賞・主演女優賞(吹石一恵)
  • 第28回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞(吉高由里子)

エクステ

  • 第3回オースティン・ファンタスティック映画祭 ホラー審査員賞

愛のむきだし

  • 第59回ベルリン国際映画祭フォーラム部門 カリガリ賞・国際批評家連盟賞
  • 第11回バルセロナ・アジア映画祭 観客賞
  • 第13回ファンタジア国際映画祭(カナダ) 審査員特別賞・最優秀主演女優賞(満島ひかり)・観客賞(アジア映画部門金賞・革新的映画部門金賞)
  • 第8回ニューヨーク・アジアンフィルムフェスティバル グランプリ
  • 第13回プチョン国際ファンタスティック映画祭 NETPAC賞特別賞(満島ひかり、安藤サクラ)
  • 第9回東京フィルメックス アニエスベー・アワード(観客賞)
  • 第34回報知映画賞 最優秀新人女優賞(満島ひかり)
  • 第64回毎日映画コンクール 監督賞・スポニチグランプリ新人賞(西島隆弘、満島ひかり)
  • 第83回キネマ旬報ベストテン 助演女優賞(満島ひかり)・新人男優賞(西島隆弘)
  • 第31回ヨコハマ映画祭 助演女優賞(安藤サクラ)・最優秀新人賞(満島ひかり)
  • 第14回日本インターネット映画大賞 新人賞(満島ひかり)

冷たい熱帯魚

  • 第67回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ・コンペティション部門正式出品
  • 第43回シッチェス・カタロニア国際映画祭 カーサ・アジア最優秀作品賞
  • 第6回ファンタスティックフェスティバル 長編部門脚本賞
  • 第13回ドーヴィル・アジア映画祭 批評家賞
  • 第15回ファンタジア国際映画祭(カナダ) 観客賞(アジア映画部門金賞)
  • 第35回日本アカデミー賞 最優秀助演男優賞(でんでん)
  • 第54回ブルーリボン賞 最優秀作品賞
  • 第66回毎日映画コンクール 男優助演賞(でんでん)
  • 第36回報知映画賞 作品賞・助演男優賞(でんでん)
  • 第21回東京スポーツ大賞 作品賞・監督賞・助演男優賞(でんでん)
  • 第85回キネマ旬報ベストテン 監督賞・助演男優賞(でんでん)
  • 第33回ヨコハマ映画祭 監督賞・助演男優賞(でんでん)
  • 第16回日本インターネット映画大賞 作品賞・監督賞・助演男優賞(でんでん)

恋の罪

  • 第64回カンヌ国際映画祭監督週間正式出品
  • 第44回シッチェス・カタロニア国際映画祭 カーサ・アジア最優秀作品賞
  • 第85回キネマ旬報ベストテン 監督賞
  • 第16回日本インターネット映画大賞 監督賞

ヒミズ

  • 第68回ヴェネチア国際映画祭 マルチェロ・マストロヤンニ賞(染谷将太、二階堂ふみ)
  • 第14回ドーヴィル・アジア映画祭 批評家賞
  • 第30回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭オービットコンペティション部門 グランプリ

希望の国

  • トロント国際映画祭 NETPACアジア最優秀映画賞
熱帯魚を飼おう